薄毛を引き起こす脂漏性皮膚炎の原因とその治療法を紹介!

薄毛を引き起こす要因となるものには、ストレスや男性ホルモンによる影響がよく挙げられますが、そうした原因のうちのひとつに脂漏性皮膚炎というものがあることを皆さんはご存知ですか?
脂漏性皮膚炎は、悪化したり慢性化したりすると激しい脱毛につながるケースがある病気ですが、あまりその名前を聞いたことのある方はいないかもしれません。
そこで、今回は、そんな脂漏性皮膚炎が生じる原因や治療法について紹介するので、脂漏性皮膚炎についてあまり知識がない方は是非参考にして下さい。

脂漏性皮膚炎の原因について

脂漏性皮膚炎は、マセラチア菌という私たちの皮膚や毛穴などに常にいる菌(常在菌)によって引き起こされます。このマセラチア菌は、皮脂を好物としており、皮脂が多く分泌される場所に大量に繁殖することがあります。
マセラチア菌が大量に繁殖すると、その働きにより皮脂が中性脂肪に分解されるのですが、マセラチア菌が大量に存在すると当然中性脂肪も大量に作られます。
そして、大量に作られた中性脂肪は、頭皮や毛穴に入り込み炎症を引き起こしてしまうのです。
炎症が起こると、痒みや皮膚のコンディションが悪化し、その結果、毛根などへダメージが生まれ薄毛になってしまうのです。

脂漏性皮膚炎の治療法について

脂漏性皮膚炎を発症した場合、放っておくと症状が悪化したり慢性化したりするというリスクがあるので、症状が出たら送球に皮膚科の元で治療をしなければなりません。
代表的な治療法は、ステロイドやマセラチア菌を抑える抗真菌薬を塗布するというものです。
こうした治療法は、自分だけではできないので、必ず医師の判断の下で行うようにしなければなりません。

最新記事