FAGA(女性男性型脱毛症)には成長因子を注入する治療法がある

FAGA(女性男性型脱毛症)には症状の進行具合に応じて1型、2型、3型とあります。1型は頭頂部が薄くなった状態、2型は1型よりさらに進行した状態、3型は2型よりさらに進行した状態です。症状が進行するほど悩みが大きくなるため、早めに治療したいところです。

成長因子を注入する治療法

FAGA(女性男性型脱毛症)には様々な治療法があります。その中に多種類の成長因子を注入するHARG療法と言う治療法があり、発毛の期待値が大きくなっています。HARG療法では個人差があるものの、平均して3か月で発毛が見られると言う特徴があります。他の治療法と比べると効果が出るまでが早くなっています。中には1か月ほどで発毛が見られる患者さんも見られるくらいです。人工毛を装着するカツラではないため、自然な仕上がりになりやすいです。

痛みの少ないノンニードルHARG療法

注射器で注入すると言うと強い痛みが発生するイメージがありました。ノンニードルHARG療法と言う痛みの少ない注入方法を採用するクリニックがあり、注射では痛みが心配と言う方でも大丈夫です。炭酸ガス噴射による圧力を利用し、微細な穴から有効成分を頭皮の中に浸透させていきます。穴と言っても30ミクロンと言う蚊が刺すときの穴より半分ほどの大きさです。そのため注射器で注入する方法より7割ほど痛みが軽減されています。

認定院で相談を

HARG療法はどのクリニックでも受けられると言う治療法ではありません。HARG療法認定院に来院することが必要です。