薄毛治療に効果的なロゲインとは?ロゲインが持つ効果とメリット

ロゲインとは、アメリカ製の発毛剤であり、日本では個人輸入をすることで手にできる製品です。そのため日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、アメリカでは薄毛治療に頻繁に使われている発毛剤なのです。そこで、せっかく個人輸入をするのなら、ロゲインの魅力と特徴を押さえておきましょう。

ロゲインの効果とは

ロゲインを語る上で欠かせないのは、ミノキシジルが配合されている点です。ミノキシジルはクリニックでも頻繁に処方される薄毛治療の外用薬であり、頭皮の血行を良化する効果を期待できるものです。このミノキシジルは発毛効果の期待できるものの中でも活発に働くものなので、高い効果を薄毛治療にもたらすのです。

ロゲインは成長期を活発化させる

薄毛治療の中でも、成長期を活発化させるタイプはわかりやすい部類に入るでしょう。髪の毛には生え変わる周期があり、毛周期と呼ばれています。そのサイクルの一つが成長期であり、この髪の毛が成長する時期を延ばすことで薄毛治療が促進されるのです。ただし、初めは抜け毛が増えることは承知しておきましょう。成長期には、強い髪の毛が生え変わる際に以前の髪の毛が抜けてしまうため、一見すると何らかの副作用が表れているように見えるのです。

今は外国の薄毛治療薬でも、個人輸入すれば使用できる時代です。せっかく発毛剤を探すのなら、こうした海外への視野も広げてみてはいかがでしょうか。ロゲインはその取っ掛かりにぴったりなのです。