若い人に急増している円形脱毛症とは?原因や治療法をご紹介

近年、円形脱毛症になる若い人が増えているそうです。
円形脱毛症とはある日突然、髪の毛の一部が円を描くように抜け落ちてしまう病気です。
前触れも無く突然髪の毛が抜けると、どうしたら良いかと悩む人がほとんどだと思います。
そのような方の為に、円形脱毛症の原因や治療方法などを詳しくご紹介したいと思います。

1、円形脱毛症の原因

①自己免疫疾患

人の身体にはリンパ球があり、細菌やウイルスなどから身を守る役割をしてくれています。
しかし、何らかの原因でリンパ球が誤って毛根を攻撃してしまうことがあります。
すると、その部位の髪の毛が抜けてしまい円形脱毛症になると言われています。

②ストレス

強いストレスや、長期間のストレスを受けると交感神経が過剰に働きます。
すると毛根の血流が悪くなり、髪の毛が抜ける原因となります。

③アレルギー体質

アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー体質の人は、そうでない人に比べて円形脱毛症になる可能性が高いと言われています。

2、円形脱毛症の治療方法

①薬での治療

円形脱毛症の範囲が小さく、発生してすぐ(半年以内)の場合には、薬での治療が行われます。
薬の種類は、免疫疾患に効果のあるステロイドや育毛剤で有名なミノキシジルなどです。
また、アレルギーや炎症を抑える内服薬(抗アレルギー薬やグリチルリチン酸)を服用することもあります。

②局所免疫療法

円形脱毛症の部位に弱いかぶれを起こす薬を塗り、毛根を攻撃しているリンパ球の働きを抑えて発毛を促す方法です。
円形脱毛症の範囲が広い人の他、治療が長期に亘っている人にも有効な治療法です。

③ステロイド注射

円形脱毛症の部位にステロイド薬を注射して、毛根を攻撃しているリンパ球の働きを抑える方法です。
効果は高いですが、痛みや注射した部位が陥没することがあります。

終わりに

前触れもなく起こる円形脱毛症ですが、早めに適切な治療を行えば、再度髪の毛を生やすことが可能です。
円形脱毛症に気が付いたら、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。