甲状腺機能低下症の原因や治療法に関して分かりやすく説明します

・甲状腺機能低下症が起こる要因とは?

甲状腺機能低下症により、甲状腺ホルモンの生成量が随分と低下します。

その問題が現れる原因には、幾つもございます。

この中でも最も多いのは、甲状腺そのものに問題が存在する、『原発性甲状腺機能低下症』や『続発性甲状腺機能低下症』が挙げられます。

・慢性甲状腺炎に関係するものについて

甲状腺機能低下症とは、原発性甲状腺機能低下症が殆どになります。

その中でも1番多く見られるのが、『橋本病=慢性甲状腺炎』に基因したものです。

橋本病は元々外部から侵入して来た異物へと、抵抗するはずの『免疫システム』がおかしくなりなる病です。

この影響から、身体の一部分へと反対にダメージを与えて来る自己免疫疾患です。

・永続的甲状腺機能低下症での治療法に関して

甲状腺の組織とは、1回破壊されてしまう事で、元通りには2度と戻す事が不可能です。

従って永続的甲状腺機能低下症を患う事で、甲状腺ホルモンをスムーズに生み出す事が、どうしても厳しくなります。

その不具合を取り除く為に、甲状腺ホルモン剤である、『合成T4剤(チラーゼン)』を、患者に投与する事で、このトラブルを回避して行きます。

甲状腺機能低下症に掛かっている方が、ホルモン剤の内服薬を止めたり、何らかの感染症を発症する事で、中枢神経が異常を来してしまいます。

この病状の事を『粘膜水腫性昏睡』と呼びます。

その病気のケースですと、生命の存続に関わる事なので、合成T3か合成T4を注射するパターンがございます。